鍼治療

鍼には次のような効果があります

  • 鎮痛作用
  • 血液循環の改善
  • 筋の緊張を緩める
  • 自律神経の働きを調整する
  • 免疫力をたかめる

マッサージにも同様の効果がありますが、鎮痛作用は鍼が効果的です。

鍼による微少な傷は組織の活性化に働きます。灸による微少な火傷も組織の活性化、免疫系の活性化に繋がります。適度な刺激が身体にとって良い方向に働きます。

鍼は全て使い捨て(ディスポーザブル)です。

体質、症状に応じて鍼の太さ・長さを変えていきます。
痛みのない気持ちのいい鍼を常に心がけています。
頑固なコリにはパルス通電という低周波通電もおこなっています。

鍼はなぜ痛くない

痛みは知覚神経の感覚受容器を刺激すると感じるのです。鍼は髪の毛と同じくらい非常に細いものですので、その神経の網の目をくぐり抜けやすいのです。時には当たることもありますが細心の注意をもっておこなってまいります。

その他当院でおこなっている鍼治療

灸頭鍼・箱灸

身体に立てた鍼の上に艾(もぐさ)を置くことによって鍼と温灸の効果を同時に得る事ができます。冷えや慢性的な血行不良による凝りや疾患に効果があります。

接触鍼・小児鍼

普通の鍼では刺激が強すぎる場合に用います。体内にはほとんど刺入せず、皮膚に触れるものです。精神疲労で衰弱している方や虚弱体質な方におすすめします。鍼は怖いけど、試してみたいという方におすすめします。また、大阪を中心におこなわれてきた接触鍼の一種で、0歳から幼児・小学生低学年向けの低刺激な鍼治療が小児鍼です。癇の虫・夜泣き・夜尿症等にとても効果があります。

皮内鍼・円皮鍼・耳鍼

長さ3mm程度の鍼を、かぶれにくい和紙のテープでツボに貼り持続的刺激を与え、数日効果を持続させる事ができます。また耳鍼はダイエットや禁煙などに効果があると言われていますが、当院では痛みのある部分を触れない場合に使う事があります。鍼の代わりにチタンの粒を貼る事もあります。

美容鍼・スポーツ鍼について

当院ではことさら美容のために顔に鍼をしたり、スポーツのために鍼をする事はありませんが、クライアントの目的・希望によりマッサージ治療と組み合わせて全身の血行を促進させることで、結果的に効果が得られているようです。